湯を沸かす程の

本物の熱意の前では


着飾った見てくれも言葉も


歯が立たない。


満身創痍なのに。


笑顔で勝ち逃げた彼を見て思う。