読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルガキタ

ヒールをはいた自分より上背があるとこ

それも5センチもあるヒール!

ガハハとひっくり返って笑うとこ

気前よく奢ろうとするとこ

無造作に靴をはきリュックを背負うとこ

まんま少年の心を持ってるとこ

照れながら褒めてくれたとこ

久しぶりにグワンっと心が動いた。

もうかれこれ2年以上、いやはやそれ以上、

どうしても誰にもときめく事ができなくて、

もう私はオワコンだと思っていたので、

まだこういう感情持ってたんだ、

なんだそうなんだって。

今は良いところしか見えないから

ほんとは目を皿にして

厳しく判別しないといけないのに

やはり盲目で病なのだと。

こんな情緒はゆるりらと

冷めてゆくなんて知っている。

それでも少しだけ。

この想いに身を委ねようと

決めている。

書きたい日々を創るということ

★久しぶりにブログを書きたくなった。

出来ればブログは健全で後ろ向きではない内容にしたいと思っていて

そのためには心も身体も正常でないとだめだと知った。

心も身体も労りたい。

 

★4月から本格的に脚本を学ぶのだが、すでに課題が出されていて

(そして既に締め切りには間に合わないと諦めて、延長してもらった)、

パチパチ書いているのだが、楽しい。

正直、ストーリーなんて全然思い付かないし、

書いても書いてもいつまでたっても筋道が立たないのだが、

楽しい。

書いては消しての繰り返し。

文字数は増えたり減ったり忙しい。

あぁ楽しい。

楽しいって正義だ。

 

★今年30歳になるのだが、

とにかく思考と行動を変えていきたいと思っている。

凝り固まった、通常の思考パターンにいつも舞い戻ってしまうから

逆の発想を意識的に試みている。

例えば、

いつも私は仕事を辞めたい、転職したいと夢を描いているのだが

では、

仕事を続けて昇進してみたら、と考えてみた。

そのためには越えなければいけない壁がたくさんあるようにみえたのだが

それも逆転に考える。

例えば、

少し朝早く行って(いつも敢えてぎりぎり出社。早くいくなんて阿保らしいという考え)あの数字とあの数字を組み立てて分析してみたら意外と傾向が見えて

それを報告してみたら、

あれよあれよと周りが動き出して

今までの課題が嘘みたいに解決し、ハイ昇進とか。

あの先輩はいつも良いとこどりでずるいって憎んでいるけど、

そうではなくて敢えて先輩が喜ぶ成果を出してみたら、とか。

逆に逆にいくのだ。

不健全で後ろ向きなことよりもヘルシーで健全な思考のほうが

見てる世界が変わるのだ、こんなに。

心ひとつでふわりと変わる。

心が軽くなることに集中するのだ。

 

とわいえ、

軽くなっても文字数は稼げない。

 

締め切りまで1週間だ。

さぁどうしよう。

いずれにしても

心躍る豊かな話を紡ぎたい。

そして美味しかったミドリムシ

図書館に行く途中にいつものスーパーによって

いつもなら選ばないミドリムシの飲み物を買った。

 

昨年、台湾を旅したとき

友人がホテル横のコンビニで

台湾のラーメンと台湾のスナック菓子と台湾のおにぎりを買って

まずいだの美味しいだの言いながら

ベットの上で食べて寝転んだあの夜を思い出したから。

 

『何で今台湾にいるのに

 知っている味のものを食べてるの?』

心底不思議そうに友人は私に尋ねた。

私は日本のアイスを食べて、日本のミルクティーを飲んでいたから。

 

安心安全無難にものを選ぶ私と

せっかくだからと冒険する友人。

 

今は小さくても

この差はどんどん広がるのではないか

とぞっとした。

 

だから今日、コーヒーではなくミドリムシを選んだ。

私のミドリムシのような話

 

憎しみは燃料となりそして

上司が嫌いだ。

 

会議等で同じ空間にいるだけで落ち着かないし、心に重りがついたようにずんと落ち込む。苦手な理由は二つあって

・一つ目はこっぴどく叱られた経験があるから。

・二つ目は私の『痛い』ところを『わざわざ』突いてくるから。

 

一つ目については、今でも思い出すと悔しくて嗚咽してしまう。

本気の嗚咽だから笑えない。

 

一生懸命(私なりに)作成した報告資料がひどかった(今ならそのひどさが分かる。しかしいきなりその仕事を振られた私にあれ以上何ができただろうか、とは今でも思う。)為に、

 

『他の奴にやらせろ。なんでこんな子にさせるの』とはっきり言われた。

割に大きな声で、吐き捨てるように。

 

その日はショックで帰り道から朝起きるまで泣き続けたので目が腫れて、隣の優しい先輩にひどく心配された。

 

 

その日からその上司にどれだけフランクに話かけられても私の表情の皮の一枚目から下は固く、時に死んでいる。それでも、あの日みたいに罵倒ではなく、親しみの声をかけられるだけでほっと安堵する。これはある意味洗脳だし、パワハラだと密かに思っている。

自殺した電通のあの女の子の気持ちが少し分かる。一度、ひどく否定された経験はずっと付きまとうし、承認して欲しくて認められたくてもがくのだ、密かにそっと。視線は合わせないのに気配はずっと追いかけている、そんな窮屈な中にいる。

高知に移住した有名ブロガーなら何でそんな環境で消耗しているの?と鼻で笑うのだろう。

 

 

二つ目に

見てほしい・評価してほしいところ(そもそも無いのではないか)は見事にスルーするが、私が自分で重々分かっている『痛くて弱いところ』を突くのだ。確信犯的に。

例えば、

・アドリブが効かない

・説明が下手

・あか抜けない

・なまっている

といったもの。私はこれらを『気にしている』し出来ることなら『直したい』と思っている、ずっと。だからばれないように小さな声になったり笑ってごまかしたり自分なりに防衛していた。

 

そんな防御壁を上司は一言だけで射貫くのだ。簡単に。

私はまた否定されたと傷つく。紙で手を切ったように、すっと。

もっと顔の皮を厚くして対峙するしかないのだろう。

 

 

 

しかし

それでも私は思う。

この上司に会えて良かった、と。

 

期待しているからこそ叱ってくれるのが分かるから。

ふとした時に優しい言葉をかけてくれるから。

 本当に私をよく見てよく気づいてくれるから。

 

 

 

 

 

 

とんでもない。

 

叱る人なんて格下に対して自分のストレスの発散をしているだけだし、

セクハラ・パワハラ・エコひいきには辟易している。

肩たたきも、にやけ顔も、毎日の昼寝もうんざりだ。

 

 

それでも思う。

会えて良かった、と。

 

 

 

私は上司に会ってもがいた。

ばたばたした。

そして強烈に変わりたい、

と思った。

 

あの上司がいたから、

・話し方の本を買って練習したし、

・きっかけが欲しくてセミナーや講座を探し実際に行ってみたし

・苦手な友人の誘いにも受けるようになったし、

・いつも味方でいる両親に手紙を書いたし、

・見た目や服装も気を使うようになった。

 

会わずに済む道があるならば間違いなく会いたくないが、それでも出会った結果、私の行動を変えたのだ。

 

負の反発精神を燃料にして。

健全ではないことこの上ない。

 

それでも確実に上司は私を変えている。

私を知らない場所に連れていく。

ただ居心地のよい場所を選んできた私の人生をぐにょりと変えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしてだけど

そう悪くはないのかもしれない。

 

もしかしてだけど。

 

 

私はこのままどこにいくのか知ったことではないけれど、

ただ

その時の

その出会いを

生かすも殺すも自分次第なのだと

それだけは骨身に染みて感じている。 

痛いほどに

チョコはどうだ

今日は朝から異常にチョコを食べてしまったので、

「チョコ 痩せる」で検索をかけて

「意外!チョコはダイエットに最適!」といった

都合のいい記事を検索して自分を安心させた。

 

なんということでしょう。

 

情報を選べるのであれば

感情も選べる。

どうせならば楽しいほうを

 

 

今日という1日

【Today is the first day of the rest of your life.

   -今日という日は残された日々の最初の一日。 】

という言葉を私は伊坂幸太郎氏の小説から覚えたのだけど、好きな言葉の一つだ。

どうやら映画の中で使われた言葉のよう。

 

私は知らないうちに死に向かっているのに、

ずいぶん呑気をかましているなぁと思う。

ずいぶんくだらないことで悩んで、つまずいているなぁと思う。

そんな場合ではないのに。

 

自分を奮い立たせる言葉をいくつもストックして

自分を動かしていこう。

 

ところで冒頭のお言葉は

『アメリカン・ビューティー』という映画で使われていたそう。

是非観たい。

 

本日の一日メモ(備忘)

・お弁当を忘れる

・お昼に財布を忘れる

・結果お昼に時間ができたので、夕方のmtgの練習をバカみたいに繰り返す

・結果、滞りなくプレゼンができる

・昨日夜読んだプレゼンの本に、準備が98%みたいなことが書いてあってホントね、と実感する

・新年会の幹事として皆様にメールを送る

・今日もこうしてブログを書く

 

死に向かって生きているのに、あまりにも平凡で平和な一日でした

ラジオに相談だ

ラジオに相談してみた。

 

私はラジオが好きだ。

なかでもお気に入りの番組がある。

 

今は大変便利で、たとえリアルタイムで聴けなくても

アプリでいつでも聴けるので、お気に入りのその番組を

私はどこでも聴いている。

朝食を食べながら、

通勤しながら、

お昼を食べながら、

帰宅しながら、

お風呂に入りながら、

寝ながら。

 

お気に入りのその番組の

イカしたラジオパーソナリティ(というの?)のおばちゃまの

声に、言葉に、存在に、ずいぶんお世話になっている。

 

だから、

私にとある事象が生じたとき、

不思議とすんなりあの人に相談しよう、と決めた。

相談内容は大変恥ずかしいので割愛するけれど、

しゃがめば転がっているほどのありふれた恋愛相談だったと思う。

 

ふと、この人ならなんて言葉をくれるのだろう、と思ったのだ。

 

夜、スマホでポツポツと文章を作成して、

エイヤと送信したら、さっそく翌日番組から返信がきた。

何度かやりとりして(電話で直接相談しませんか?ときたのだけど、

挙動不審になり実りのない会話になるのが目に見えたのでお断りした)、

次の週の水曜日、私のメールは採用された。

 

例によってリアルタイムでは聞けなかったけれど、

私は平気な顔をしていたけれど、

そのメールが読まれるとき凄くドキドキした。

 

新年だったので、

今年もよろしくお願いします、なんて言葉を添えていたのだけど、

あのおばちゃまが小気味よく「こちらこそ!」と言ってくれたのが

嬉しかった。

 

番組は進みおばちゃまはテンポよく回答してくれて、

私に二つの指摘をくれた。

 

一つ目は、私の中で矛盾があること。

要は前編と後編で嚙み合っていない、と。

無意識のうちに本音を隠して「きれいごと」にしてるつもり

だったけれど、きちんと漏れていたのだろう。

百戦錬磨のおばちゃまが気づかないわけはなく、

見事に言い当てられてしまった。

自分の頭が整理されていないのは毎日のことで

自分の永年の課題だと思っている部分だ。

穴があってもなくても入りたかった。

 

二つ目は、私が浮つきやすい、ということ。

私は、はっとした。

はっとしたことを忘れてはいけないと思って、ブログに書いたくらいだ。

私はほんとに全く「浮つきやすい」人なのだ。

 

それはつまり軸がなく、外部に多大に影響を受けやすい人を言うのだろう。

対義語は「地に足がついてる人」ではないだろうか。

 

たった数行のメールで、私の浮ついた感じが伝わってしまうとは。

その言葉で自分の浅はかさを突き付けられたし、

あぁほんと私はいつもいつも周りの目で、周りの基準で世界を見てしまうの

だったとがくっとした。

私はまたもや穴を探した。

 

もはや相談内容なんてどうでもよくて、

私はおばちゃまにただただ感服したし自分を恥じた。

 

自己矛盾を矯正し、地に足をつける1年にしたい。

 

新春に喝をいれてもらった話